天真爛漫な風俗嬢に癒され

個人的にはあまり…という感じです

細かいことまで考えるとキリがないというか、それらにこだわって楽しむのもありだと思いますけど、自分は細かいことを抜きに、ただ女の子と楽しめればそれで満足かなって思っています。むしろそれだけで十分というか、余計なことをあれこれ考えても仕方ないんじゃないのかなと言うのが本音だったりするんですよ。だって男の性欲に関しては青天井じゃないですか(笑)拘りだしたらそれこそキリがないどころか、一人に決められないんじゃないですかね。そうすると、ある程度の妥協だって求められると思いますので、じゃあどうするのかってなるとそこまでこだわらないで、目の前の風俗嬢と気軽に楽しむくらいのスタンスの方が全然良いんじゃないのかなという気持ちなんですよ。むしろ細かいことまでこだわり始めたら本当にキリがないだけじゃなく、決められないので遊べないじゃないですか(笑)それもある意味では風俗の楽しさの一つかもしれませんけど、自分は気軽でいいんです。

出世と風俗の関係

出世する度に風俗の趣味も変わりつつありますね。昔はピンサロが一番好きでした。言うまでもないでしょう。安い風俗だからこそです。コストパフォーマンスとかではなく、やっぱり安いと言うのは大きいものです。まだまだお金もそこまで持っていた訳ではないので、出来る限り安い風俗でっていう気持ちが強かったんですよね。でも次第に余裕が出てくるようになると、風俗に対して安さじゃなくて自分の理想を追い求めたいなって気持ちになっていくようになって、気付いたらソープで楽しんでいる自分がいました(笑)ソープは風俗の中では一番高いかもしれませんけど、それでも満足感は高いので自分では納得しています。むしろ手軽さではなく、その時間は濃密なプレイを楽しみたいって思っている自分にとってはソープは理想の風俗と言ってよいでしょう。これからはもう出世することもないとは思いますので、ソープと上手く付き合っていければよいかなって思っていますが。